お金を借りる方法調査隊 ※即日で安全に借りるには?

お金を借りる無職の人には

無職でもお金を借りることが出来るのか。結論から言えば、無職でもお金を借りることは可能です。
借入おすすめはお金を貸す側としても、けして慈善事業では無く、営利目的で行っていることから、お金を返してもらえる当ての無い人に貸すことは絶対にしません。
一般的に言えば、金融機関やクレジット会社、ローン会社がお金を貸す場合は、事前審査というものを必ず行います。その人がどのような会社に勤め、どのくらいの収入を得て、現在その他からの借入を行っていないか。また、過去に水道料金や電気料金、携帯料金等も含め、1ヶ月を超える支払の遅延を起こしていないか。この支払遅延情報はいわゆるブラックリストと呼ばれ、全国の信用情報機関に登録されていることから、各業者はすぐに確認することが出来ます。
あくまで一例として紹介しますが、定職についていない大学生でも20歳を超えている場合など、借金をすることは出来ます。
しかし、色々な制限があることを覚えておいて下さい。定職についていない時点で、他の人と比較してもその人の信用程度は非常に低いのです。信用程度が低い場合、金融機関(都市銀行、地方銀行、第2地方銀行、信用金庫等々)からの借入を行うことはまず無理でしょう。
ただ、その傘下であるクレジット会社等であれば可能性はあります。その場合でも、クレジット会社等も回収に関するリスクを低減するために、金利設定を高めにするのです。仮に回収が滞ったとしても金利による回収を行うことで、貸した側のリスクを最小限にとどめることが出来るからです。
いずれにせよ、無職でお金を借りるということは、その他の人と比べても若干ながらリスクが高いことを理解しておきましょう。